映画

ウヴェ・オシェンクネフト(一等兵曹)

1977年から、ウヴェ・オシェンクネフトはまずテレビに出演し、一年後にはハリウッド制作の映画『Lawinenexpress』でマーク・ロブソンの指揮のもと、小さい役を任された。続いて『DAS BOOT』(1981年)で一等兵槽を演じ大成功を収め、ドリス・ドゥリーの『Männer』(1985年)でボヘミアンを演じる。ウヴェは大人気のドイツ人俳優になる。最も重要な映画には、スラヴォ・ルーサーの『Vergesst Mozart』(1984年)、ガブリエル・バリリの『Butterbrot』(1990年)、ヘルムート・ディエトルの『Schtonk!』[1991年)、ペーター・ティムの『Ein Mann für jede Tonart』(1992年)、またペーター・ゼアの『Kaspar Hauser』(1993年)がある。また、舞台でも同様、家でもテレビで見ることができ、スクリーンはもちろんだ。1992年からは歌手としてもキャリアをスタートさせた。1997年始めに『O-Ton』をリリース、3番目のアルバムとなる。